社会活動

NPO法人 馬込子まもり会

昭和10年5月、お祭りの夜に当時十歳の少女が、現在の北馬込で殺害されるという痛ましい事件が発生しました。
二度とこのような事件が起きないことを願い、また、少女の供養のためにと当時の地域の方々が浄財を集め、北馬込の宗福寺に子まもり地蔵『登志子地蔵』を建立しました。しかし、世の中は暗く長い戦争の道に突き進み、いつしか人々の心の中から『登志子地蔵』は忘れられていったのです。

昨今毎日のように少年少女に対する事件事故、また、少年少女が引き起こす凶悪事件が後をたちません。
約80年前に起きた事件を教訓に、地域をあげて犯罪の防止・抑止に取り組み、青少年健全育成、スポーツの振興、日本文化の継承に対し、子まもり地蔵『登志子地蔵』をシンボルとして、子供たち、地域のために役立つ活動をしようという思いから「馬込子まもり会」が発足されました。

馬込子まもり会(1)

組織

● 発足:平成13年12月、平成17年6月 NPO認可
● 理 事 長:加藤富保(馬込19町会連合町会長)
● 副理事長:松村茂樹、漆原泰義(宗福寺住職)

主な活動

●三月:春の市(協力商店による売店 / 宗福寺)
●五月:登志子地蔵大祭『子どもまつり』
(各種イベント・協力商店による売店 / 宗福寺)
●九月:秋の市(協力商店による売店 / 宗福寺)
●年二回:子まもり寄席
●講演会:スポーツ教室
●毎月1回:子ども食堂

受賞

●2004年10月1日 東京都「教育功労賞」

馬込子まもり会(2)

〒143-0021 東京都大田区北馬込2丁目5-5 
Tel. 03-3771-1481

トップへ戻る